猫ぽこ姫と心配性

3匹のシニア猫に翻弄される心配性の私
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カラちゃん、保護して貰えました!

昨日の暗ーい記事に、たくさんの励ましやアドバイス、ありがとうございました。
本当に心強かったです。支えられる思いでした。

カラちゃんですが、今日の10:00頃、動物病院に保護して貰えました!
どうか助かって欲しいです。
もう私にできることはないので、ただ祈るのみです。

ネットを見ていると、野鳥を保護して「動物病院で」診て貰ったという記事が、いくつか存在します。
その中には、私の住む宮城県も。
一晩経っても諦めきれず、朝から探しまくり&聞きまくりして、なんとか見つけることができました。
でも昨日、「鳥」を診る病院を中心に問い合わせをしたのに、
この指定病院の話は、一度も出ませんでした。
情報連携がうまくないのか、鳥の扱いがまだ軽いのか……。
昔、小鳥を飼っていた友人が、診察してくれる病院がないと困っていた事を思い出しました。


今、昨日からの服を、全部熱湯消毒→洗濯しています。
私自身もシャワーで洗濯(笑)
これから部屋を掃除して、ダニなどを駆除する薬を買ってこようと思います。

カラちゃんは可愛いのですが(カラス大好きなんです)、
外の鳥は、室内飼いの猫とは、やはり違います。
寄生虫やノミがついていて当たり前。
昨日からずっと注意は払っていましたが、
うちの猫達(シニア)や母(高齢者)を考えると、
念には念を入れた方が良さそうです。

取り急ぎ、ご報告です。
皆様、本当にありがとうございました。
頂いたコメントも、拍手も、とっても励みになりました!^^



スポンサーサイト
[ 2012/10/21 12:13 ] 猫以外 | TB(0) | CM(12)

カラスを診てくれる病院が欲しい

すみません、今日は漫画ありません。
内容も愚痴なので、お嫌なら遠慮せず、まわれright&goして下さいませ。

次回からはいつもの猫漫画に戻りますので、また宜しくお願いいたします。^^


----------


近所まで自転車で出たところ、
弱って動けなくなっているカラスに出会ってしまいました。
おそらく今年巣立ちをした、若いカラスだと思います。

場所は歩道ですが狭く、自転車も多いです。
夕方になると暗くなるので、放置しておけば100%轢かれる場所。
でも、よけてあげたくても場所がない。
それに、私が近寄っても動けないほど弱っているカラスを、放置していいのだろうか。

発見してから1時間近くの間、動物病院と相談したり、色々とあったのですが、
結局、衰弱が激しいので保護しました。


カラスは野生動物扱いなので、動物病院では診ることが【原則として】禁止されているそうです。
どこの病院からも、丁寧に断られました。
一軒だけ、
「野生生物保護に関わっているので、診て貰えるかもしれない病院」
を教えて貰ったのですが、
今日の午後から月曜の午前中いっぱいまで、ずーっと休診と判明。 orz
(カラスのカラちゃんに会ったのは、今日の午後)

野生生物の保護は、都道府県の鳥獣保護課で行うのですが、
お役所なので今日はお休み。
もちろん明日も休み。
電話もメールもつながらず。

せっぱつまって、自宅での看病の仕方だけでも聞けないかと、
野鳥愛好会のようなところに電話したら、
これもつながらない。


ふー…。

保護した私が悪いのですが、
覚悟が足りなかったのでしょうが、

凹みますね。べっこべこです。


弱ってはいるけれど、外傷はないし、目は綺麗だから、
栄養補給をすれば回復する可能性が高いと踏んでいました。
でも、その栄養補給をしてあげられない。

土日も鳥獣を保護できないのなら、
「野生生物は、普通の動物病院では診てはダメ!」
なんて言わないで欲しいなあと思いました。
あちらからすれば、「カラスなんて拾うな」って言いたいところでしょうが、
目の前で消えかけている命があれば、見過ごすのは難しいです。

多分、月曜までは持ちこたえてくれないと思います。
でも、カラちゃん可愛いです。
すごくすごく可愛いです。
うちにいる間は、精一杯お世話させて貰おうと思っています。

ネットで調べたところ、色々な意見がありましたが
(餌は無理に食わせるなとか、いや食わせろとか)
共通していたのが、
「暖かくしてあげて、部屋は暗く、静かに」

今は、私の部屋で、布を敷きつめたダンボさんの中、静かに休んでいます。

----------

野生のカラスは菌や寄生虫を持っているので、
うちのシニアーズに移さないように、最大限に気をつけます。
石鹸で手を洗いすぎて、なんかもう痛いです(笑)


読んで下さってありがとうございました。


[ 2012/10/20 21:03 ] 猫以外 | TB(0) | CM(16)
プロフィール

touko

Author:touko
 
猫の下僕。

足拭きマット程度に大切に
予備のパンツくらい重宝に
扱われています。
 

猫紹介
naomi.jpg
◇ ナオミ 18歳 ◇
母大好き。
ウェット大好きおてんば娘

uchiko.jpg
◇ ウチコ 享年18歳11ヶ月 ◇
子猫の時から右目が悪い。
見事な洋ナシ体系。
チューが上手。
2015/3/3 旅立つ(腎不全)

natsu2.jpg
◇ ナツコ 享年18歳24日(位) ◇
お笑い担当。
病気ばかりしてくれる。
ぱんぱんの固太り。
2014/4/24 旅立つ
(消化管型リンパ腫)


◇ ミコ(左) 享年16歳8ヵ月 ◇
◇ ナタ(右) 享年15歳1ヵ月 ◇

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。