FC2ブログ

猫ぽこ姫と心配性

3匹のシニア猫に翻弄される心配性の私
2012 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 02
月別アーカイブ  [ 2013年01月 ] 

四つ足で踏ん張れ

11日の朝、ウチコ が突然倒れました。
あ、大丈夫です。今は安定しています。^^

倒れたと言っても、何が起こったのか、さっぱり判らない状況です。

目を覚ましたウチコが、普通に立ち上がって、
布団をぐるっと回り込むようにして、裾の方へ歩いて行きました。
そこまで何の気なしに見ていて、ふと目を離した瞬間、「どん!」という音が。
振り返ると、ウチコが布団と家具の間に倒れ、もがいていました。
もがくというのも正しい表現ではなく、グルグルと横に回り続けている状態です。

慌てて抱き上げて布団の上に置いたところ、回転は止まりました。
本猫もかなり驚いた様子で、呼吸は荒く、心臓はバクバク。
尻尾も太くなっています。

最初、足を滑らしたのだと思いました。
足腰が弱ってきているので、布団からずり落ちたのだと。
でも、滑り落ちるほどの高さがありません。
滑りやすい素材でもありません。

家具との隙間にはまって立てなくなった、というには、幅がありすぎます。
実際に、隙間にはまった猫が、ぐにょぐにょともがく様は見たことがありますが、
横に回転するのは見たことがありません。

こう考えると、滑ったというには無理があります。
ただ、痙攣等の発作は、ネットで症状を見る限り違うと思いました。

あと1秒長く見ていたら、何が起こったのか判ったのに。
全く私らしいです。
滑っただけかもしれませんが、心配で、動物病院に連れて行きました。


300-130113_1.jpg

300-130113_2.jpg

300-130113_3.jpg

300-130113_4.jpg


「これではみんな高血圧と診断されるのでは?」
と思っていたら、ウチコも高血圧と言われました(笑)
ただ病院側も、患蓄の緊張は計算に入れて判断していると思います。

他に診察と血液検査をして頂き、その結果、貧血がひどいことが判りました。
原因は不明です。
貧血としても倒れるような数値ではないのですが、高血圧と合わさると、可能性はあると。
今のところ、原因は判らないようです。
しばらく投薬で様子を見ることになりました。

今は落ち着いているので、ひとまず安心しました。
でも正直言って、ここ数日は、生きた心地がしませんでした。
シニアだから、いつ何どき…というのは判っていますが、失う覚悟などできません。
やはり、元気で長生きして欲しいと願ってしまいます。

頑張れ、私の宝物ちゃん!


↓できればポチっとお願いします
130113_bn.gif 嫌です。
いつもありがとうございます


スポンサーサイト



[ 2013/01/14 00:32 ] | TB(0) | CM(14)
プロフィール

touko

Author:touko
 
猫の下僕。

足拭きマット程度に大切に
予備のパンツくらい重宝に
扱われています。
 

猫紹介
naomi.jpg
◇ ナオミ 18歳 ◇
母大好き。
ウェット大好きおてんば娘

uchiko.jpg
◇ ウチコ 享年18歳11ヶ月 ◇
子猫の時から右目が悪い。
見事な洋ナシ体系。
チューが上手。
2015/3/3 旅立つ(腎不全)

natsu2.jpg
◇ ナツコ 享年18歳24日(位) ◇
お笑い担当。
病気ばかりしてくれる。
ぱんぱんの固太り。
2014/4/24 旅立つ
(消化管型リンパ腫)


◇ ミコ(左) 享年16歳8ヵ月 ◇
◇ ナタ(右) 享年15歳1ヵ月 ◇

最新トラックバック