猫ぽこ姫と心配性

3匹のシニア猫に翻弄される心配性の私
2013 031234567891011121314151617181920212223242526272829302013 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

はぴばすで!

兵庫県・淡路島の方で大きな地震がありましたが、皆様、ご無事でしたでしょうか。
阪神大震災を思い出された方、
東日本大震災で家屋を失い、兵庫県・淡路島の方へ移られた方、
特にお辛い思いをされたのではないかと思います。
怪我をされた方のご回復と、復旧が、一日でも早いことを、お祈りしております。


こんな時にすみません。
久しぶりの猫漫画です。

300_130412_1.jpg

300_130412_2.jpg

300_130412_3.jpg

300_130412_4.jpg

300_130412_5.jpg

300_130412_6.jpg

300_130412_7.jpg

300_130412_9.jpg

300_130412_10.jpg

300_130412_11.jpg

300_130412_12.jpg


ウチコナオミ は、誕生年がはっきりしていて、
月も「春頃」と判っているのですが、
ナツコ だけ判りません。

ナオミが1歳の時に来て、その時に子供を産んだ痕があったので、
最低でも1歳にはなっているようです。

見た目が老けていたので(当時)、
最初はミコ(生きていれば今年で20歳)と同じくらいだと思っていたのですが、
どうやらもう少し下のよう。
今は、ウチコと同じか、ウチコ+1歳くらいではないかと考えています。

とにかく元気で長生きしてほしいです。



↓よければポチッとお願いします
130412_bn.gif 振り落とされんなよー
いつもありがとうございます


スポンサーサイト
[ 2013/04/13 23:59 ] | TB(0) | CM(20)

とんだ浅知恵

300_130415_1.jpg

300_130415_2.jpg

300_130415_3.jpg

300_130415_4.jpg

300_130415_5.jpg

300_130415_6.jpg

300_130415_7.jpg

300_130415_8.jpg

300_130415_9.jpg

300_130415_10.jpg

300_130415_11.jpg


2回やってくれました(^_^;

2回目は、舌の裏が見えていたのですが、
反射的に押し込んでしまいました。
口を開けた瞬間が勝負! なもので、つい。(^^;

これはかなり困ります。
猫も苦しいし、
私も口をこじあけるのに両手を使ってしまうので、
舌を持ち上げることも、薬も取り出すこともできません。
腕が4本欲しい! と、本気で思いました。
あ、誰か呼べば良かったんですね。今気づきました(笑)

懲りたのか、今のところ、この行動は止まっています。
でも、忘れた頃に、またやりそうな気もします。

薬に対する反応は色々で、
飲んだふりをして吐き出しているような猫もいましたが(「薬塚発見」)、
舌でブロックした猫は、ナツコ が初めてです。

猫と暮らしていると、驚かされることばかりです。
そして、笑わされてばかりです。^^


↓よければポチッとお願いします
130415_bn.gif 猫の浅知恵、休むに似たり。なら最初から休んでろー
いつもありがとうございます


[ 2013/04/17 00:23 ] | TB(0) | CM(20)

フードファイッ!

300_130419_1.jpg

300_130419_2.jpg

300_130419_3.jpg

300_130419_4_1.jpg

300_130419_4_2.jpg

300_130419_5.jpg

300_130419_6.jpg

300_130419_7.jpg

300_130419_8.jpg


食べてくれて良かったです。

良かったのですが、前回試した時の無視っぷりがすごかった為、
かなり気合を入れての挑戦でした。
なんとなく、肩すかしを喰らった気分です。
勝ったのに、作戦負けをしたような(笑)

3つともよく食べてくれました。
意外なことに、前回はガン無視されたロイカナの腎臓サポートも。
あえて言うなら、

ナオミ:スペシフィック>ヒルズ>ロイカナ
ウチコ:スペシフィック>ロイカナ>>ヒルズ

でしたが、スペシフィックは一番最初に食べたので、点数が高いのかもしれません。
ウチコは、鮮度が落ちると極端に食べが悪くなるので、
量が多く、数日に分けて与えたヒルズをあまり好まなかったのだと思います。

今回は食べてくれましたが、ずーっと食べてくれるかどうかは判りませんよね。
先生も、「途中で飽きて食べなくなることも」と仰ってました。
箱買いをして、食べてくれなかったら目も当てられません……。

でも、まだまだナオミの腎臓に頑張って欲しいので、買う予定です。^^


↓よければポチッとお願いします
130419_bn.gif いえいえ、これからもお世話になります。アイ●スさん
いつもありがとうございます


[ 2013/04/19 23:59 ] | TB(0) | CM(8)

フードファイッ!番外編

もう4月も末だというのに、昨日は雪が積もりました。
なごり雪にしても遅すぎです。
今日は一転、お天気です。^^


今回は、前回の記事(「フードファイッ!」)のオマケになります。

300_130421_1.jpg

300_130421_2.jpg

300_130421_3.jpg

300_130421_4.jpg

300_130421_5.jpg

300_130421_6.jpg
(その様子はこちら→「フード選びは大変です」、「便利なウェットフード」)

300_130421_7.jpg

300_130421_8.jpg

300_130421_9.jpg

300_130421_10.jpg

300_130421_11.jpg

300_130421_12.jpg


描いてから気づきました。
「ヒト的評価」なんて書きましたが、フードの硬軟しか見ていません(笑)
これでは何の役にも立ちませんね。
申し訳ありません。

うちの猫達は、肉と魚なら、断然「魚」です。
そのため、ウェットフードも魚フレーバーで探していました。

でも、腎サポ系で魚フレーバーは、あまりないようです。
一番それらしいのが、前回 ナオミ が無視した、ロイカナのパウチ。

仕方ないので、今回、魚にこだわらず出してみたところ、
意外なほどパクパク食べてくれました。^^
他の腎サポ系も試してみたいと思います。

保存方法も要検討ですね。
前回、ごんずさんがコメントして下さったように、
冷蔵庫に数日置くよりも、冷凍保存のほうが良いようです。
あまりウェットに興味のない ウチコ が、後半食べなくなりました。
かなり風味が落ちたのだと思います。
動物病院の先生も、
「開けてから2日が限界。それ以降は不味くなるから捨てる」
と仰ってました。

思いがけなくロイカナを食べてくれたので、
小型のミキサーを購入して、
液状にして食べさせるのもいいかもしれません。
毎日手で潰すには硬いです。
軽い腱鞘炎になりました。^^;

フード探しの旅は、もう少し続きそうです。


↓よければポチッとお願いします
130421_bn.gif 月に1回、1切れでお願いします
いつもありがとうございます


[ 2013/04/22 11:21 ] | TB(0) | CM(6)

変態を撃退

300_130423_1.jpg

300_130423_2.jpg

300_130423_3.jpg

300_130423_4.jpg

300_130423_5.jpg

300_130423_6.jpg


水鉄砲ならぬ、鼻水鉄砲を喰らってしまいました。^^;
まあ、私が悪いので、仕方ありません。
抱きついた後、チューしまくろうと思っていた下心は、すっかり粉砕されました。

しかし、あの小さな頭と、小さな鼻の、
どこにあれだけの量の鼻水が保存されているのでしょうか。
下手に想像すると怖くなるので、止めておきます。


↓よければポチッとお願いします
130423_bn.gif 私もだよ…
いつもありがとうございます。


[ 2013/04/23 23:00 ] | TB(0) | CM(14)

優しくされると、ね♪

300_130425_1.jpg

300_130425_2.jpg

300_130425_3.jpg

300_130425_4.jpg

300_130425_5.jpg

300_130425_6.jpg

300_130425_7.jpg


「もう知らない! 置いていくから!」

と言って、

「イイヨー」

と返されたら、泣くのは私。

力づくでキャリーに押し込みました。



↓よければポチッとお願いします
130425_bn.gif 背脂たっぷりブックエンド
いつもありがとうございます


[ 2013/04/25 23:59 ] | TB(0) | CM(6)

呼ばれると嬉しいね

300_130426_1.jpg

300_130426_2.jpg

300_130426_3.jpg

300_130426_4-2.jpg

300_130426_5.jpg
考えをお伝えするのは難しいのですが、
決して「うちの子」や「猫ちゃん」批判ではないことを
ご理解頂けましたら幸いです。

300-130426_6-2.jpg

300-130426_7-0.jpg

300_130426_7-2.jpg

300_130426_9.jpg


呼び捨てにされても、不快とは思いませんでした。
愛情をたっぷり感じましたし、たくさん撫でて頂いて感謝しています。

でも、とても不思議な感じがしました。
常に「ちゃん」付けで呼ばれることに、慣れてしまったようです。
昔は「ちゃん」付けで呼ばれることに違和感を感じていたのに、変ですね。

かくいう私も、ひと様の動物家族を「猫」「犬」とは呼べないので、
もう当たり前なのかもしれません。

「ナーツコ♪」と呼ばれるのもいいですね。^^
見ていて、なんだか楽しくなりました。


これを書いている途中で気づきましたが、
私自身、猫を呼び捨てにしていません。

たとえばナツコ。
人には「ナツコ」と言い、文章でも「ナツコ」と書きますが、ナツコに対しては、

「なっちゃん」「なつぽこさん」「固太りちゃん」「毛だらけさん」etc...

なぜか「ナツコ」とは呼びません。
ウチコ、ナオミ、ナタ、ミコ、全部そうです。

「ちゃん」「くん」を使わなくとも、
トラをトラオ、ミカンをミカぽんというように、愛称に変えて呼んでいます。
えー…、なんでだろう(^^;
呼び捨てに違和感を感じたのは、それも原因かもしれません。


ざっかけない呼び方の代表例といえば。

うちの猫達は、たくさんの先生にお世話になっています。
その1人であるA先生と、たまに待合室で立ち話をする時があります。

A先生はさっぱりとした性格で、
立ち話の際は獣医師というよりも、動物を守る同士のような感じで、
ざっくばらんに色々な話をして下さいます。

言葉も飾らずストレートに!


300_130426_10.jpg

先生、直球過ぎー! Σ(゚ロ゚;

治療の時は、ちゃんと「猫ちゃん」と仰ってます(笑)
情熱を持って動物を治療してくださる良い先生です。


↓よければポチッとお願いします
130426_bn.gif 先生、言葉にオブラートゥ!
いつもありがとうございます


[ 2013/04/27 14:35 ] | TB(0) | CM(10)

エアパンチ

300-130429_1.jpg

300-130429_2.jpg

300-130429_3.jpg

300-130429_4.jpg

300-130429_5.jpg

300-130429_6.jpg

300-130429_7.jpg

300-130429_8.jpg

300-130429_9.jpg

300-130429_10.jpg


で、でも、手は出すけれど、爪は出さないんです!
やっぱり、私のことを気遣って……?

などと、「実は優しいナオミ」説にしがみついてみたり(^^;

足にぶつからないようにパンチを繰り出す、この ナオミ のエアパンチ。
可愛くて大好きです。
肉球パンチも、気持ちよくて好きです。

叩かれて、喜んでいるんだから世話ないです。^^


↓よければポチッとお願いします
130429_bn.gif 超上から目線のアドバイス、ありがとう
いつもありがとうございます


[ 2013/04/29 23:45 ] | TB(0) | CM(21)
プロフィール

touko

Author:touko
 
猫の下僕。

足拭きマット程度に大切に
予備のパンツくらい重宝に
扱われています。
 

猫紹介
naomi.jpg
◇ ナオミ 18歳 ◇
母大好き。
ウェット大好きおてんば娘

uchiko.jpg
◇ ウチコ 享年18歳11ヶ月 ◇
子猫の時から右目が悪い。
見事な洋ナシ体系。
チューが上手。
2015/3/3 旅立つ(腎不全)

natsu2.jpg
◇ ナツコ 享年18歳24日(位) ◇
お笑い担当。
病気ばかりしてくれる。
ぱんぱんの固太り。
2014/4/24 旅立つ
(消化管型リンパ腫)


◇ ミコ(左) 享年16歳8ヵ月 ◇
◇ ナタ(右) 享年15歳1ヵ月 ◇

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。