FC2ブログ

猫ぽこ姫と心配性

3匹のシニア猫に翻弄される心配性の私
2013 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 09
月別アーカイブ  [ 2013年08月 ] 

想像の遥か遥かに上を行く

300-130805_1.jpg

300-130805_2.jpg

300-130805_3.jpg

300-130805_4.jpg

300-130805_5.jpg

300-130805_6.jpg

300-130805_7.jpg

300-130805_8.jpg

300-130805_9.jpg

300-130805_10.jpg

300-130805_11.jpg

300-130805_12.jpg

300-130805_13.jpg

300-130805_14.jpg

300-130805_15.jpg

300-130805_16.jpg


前触れもなく、突然食べ始めました!


上手に食べられないので、顔をフードに押し付けて、押し込むようにしていました。

どれだけ驚いたことか。
しばらくの間、「自分は夢を見ているのではないだろうか」と疑っていました。

この病気の原因は判らないままで、
今も、何か食べたり飲んだりした後は、
「えれえれ・あわあわ状態」になります。
それでもナツコは、食べることを選んだようです。


300-130805_17.jpg

300-130805_18.jpg

300-130805_19.jpg

300-130805_20.jpg


ナツコが再び食べられるようになるとは。
そして、食べるのを止めることになるとは。 ゜゜(´□`。)°゜。

ナツコがドライフードを食べたのは、1日(木)の夜でした。
すぐお知らせしなかったのは、
「錯乱したか、意識が混濁し始めたのではないだろうか……」
と、2日間様子を見ていたからでした。
今まで水も飲めなかったのに、いきなりドライフードをがっつく姿は、
嬉しいのはもちろんですが、異常にも感じました。

食べると元気が出る、元気が出るから食べる。食べると気力が湧く。
その繰り返しで、今はえれえれしながらも、元気です。
あの日々はなんだったの? と思うほどです。

一ヶ月間、泣き暮らしていました。
虹の橋を渡る日は遠くないと思っていました。
原因は不明なままですが、どうやら一安心と判ったら、
ふーーーーー…と気が抜けてしまって(^^;
今、とても眠いです。

病気の原因を探るため、内視鏡検査も検討していました。
食べられる「今」やるべきかと思いますが、
食べられる「今」の時間を大切にしたいので、
もう少し考えてみたいと思います。

お騒がせして申し訳ありませんでした。
そして、たくさん励ましてくださったこと、心から感謝しております。
本当に、ありがとうございました。


130805_bn.gif また四角くなる気か
いつもありがとうございます



スポンサーサイト



[ 2013/08/05 20:15 ] | TB(0) | CM(34)
プロフィール

touko

Author:touko
 
猫の下僕。

足拭きマット程度に大切に
予備のパンツくらい重宝に
扱われています。
 

猫紹介
naomi.jpg
◇ ナオミ 18歳 ◇
母大好き。
ウェット大好きおてんば娘

uchiko.jpg
◇ ウチコ 享年18歳11ヶ月 ◇
子猫の時から右目が悪い。
見事な洋ナシ体系。
チューが上手。
2015/3/3 旅立つ(腎不全)

natsu2.jpg
◇ ナツコ 享年18歳24日(位) ◇
お笑い担当。
病気ばかりしてくれる。
ぱんぱんの固太り。
2014/4/24 旅立つ
(消化管型リンパ腫)


◇ ミコ(左) 享年16歳8ヵ月 ◇
◇ ナタ(右) 享年15歳1ヵ月 ◇

最新トラックバック