猫ぽこ姫と心配性

3匹のシニア猫に翻弄される心配性の私
2013 081234567891011121314151617181920212223242526272829302013 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

距離を取る猫・欲しい猫

ナツコ の食欲は、残念ながら戻っていません。
フードを近づけると、そっぽを向くか、逃げてしまいます。
たまに食べたそうにしている時もあるのですが、食べられないようです。
カリカリを口にしなくなってから、10日以上経ってしまいました……。

でも、今日はとても調子が良くて、
拒否気味だったスープをおかわりしました。^^
たいした量ではありませんが、
自分から食べるという気力や意欲が見えると嬉しいですね。

今日も一日、ゴキゲンでした。
ナツコ、頑張っています。^^


300-130903_1.jpg

300-130903_2.jpg

300-130903_3.jpg

300-130903_4.jpg

心配で構いすぎてしまうんです。
少し離れたほうが良いみたいです。
あ、接近禁止命令は解除されました(笑)


300-130903_5.jpg

300-130903_6.jpg

300-130903_7.jpg

300-130903_8.jpg


毎日構ってはいるのですが、少々おざなりなのは否めません。
もちろん ウチコ も可愛いのですが、心身ともに余裕がなくて。

ウチコは1匹で置いておくと寂しがって、
世にも悲しげな声で泣き叫ぶ猫なのですが、
最近特に激しいです。
不安なのかもしれません。

もっと毎日、いちゃいちゃしようと思います。


130903_bn.gif とりあえず、時代とカツラがおかしいです。
いつもありがとうございます


スポンサーサイト
[ 2013/09/03 23:58 ] | TB(0) | CM(21)

病名判明

7月から、原因不明の病魔に襲われている ナツコ ですが、
病名がやっと判りました。

消化管型リンパ腫

でした。

「あれ? すでに持ってるよね?」
と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうなんです。持っているんです。

ただ、今までのは高分化型、今回のは低分化型で、タイプが違います。
リンパ腫に良性はなく、全て悪性です。
低分化型(今回)の方が、高分化型(今まで)のより、悪性度がずっと高いです。
悪性転移したのか、別のが出来たのかは、良く判りません。

という訳で、ナツコ、最悪な病気をゲットしてしまいました。


病名が確定した日(7日)に、抗がん剤を使うことを決め、即日投与して頂きました。
(抗がん剤についての詳細は、また後日)

この頃のナツコはかなり吐き気が強くなっており、
1日のうち何度も舌を出し、歯をすりあわせる動作をしていました。

また、排便が上手くいかず(食べていないのもありますが)、
ふらふらしながらトイレに行く→頑張る→出ない→吐く
を繰り返していました。

病気が判ったきっかけは、触診で判るほどのしこりが腹部に見つかった為です。
お腹のしこりの正体は、腸管の腫れです。
外にも腫れますが、内側にも腫れるので、便が通らなくて苦しいのです。

この吐き気を止められるのは? → 抗がん剤のみ
腸管の腫れを引かせられる薬は? → 抗がん剤とステロイド
抗がん剤の副作用の強さは? → それほど強くないと思われる


なら抗がん剤で。となりました。
私は単純な人間なので、今、一番辛い症状を、止めてやりたいと思ったのです。

幸い、目に見える副作用は出ていない様子です。
エコーで見たところ腸管の腫れも小さくなり、
日に日に酷くなっていた吐き気も、かなり治まりました。
時間を置かずのトイレ巡りも、昨日から減り始めています。
大好きな姉の後追いも、久しぶりに見られました。

ただ、食欲だけが戻りません。
自分の意思で固形を摂らなくなって、20日くらい経っています。
私が薬と一緒に押し込む、少量のウェットフードだけが命綱です。
それも、出ない便を出そうとすることで、具合が悪くなり、吐き戻してしまいます。
(この行動は、昨日から減ってきています)

でも、昨夜久しぶりに、ドライフードを食べたそうなしぐさを見せました。
結局食べられなかったのですが、どれだけ嬉しかったことか。
今月、初めて見えた希望でした。

ナツコの食欲を煽るため、
フードを山盛りにしたり、からから音を立ててお皿に落としてみたり。
果てはこんなことまでしてみました。


130915_3.jpg

音に釣られないかと思いましたが、
不思議そう~に見られて終わりました。

何をしてるんでしょうね~。
自分でもバカだと思います。
でも、何とか食べさせたくて必死なんです(^^;
飲み込まずに出しましたが、あまり美味しくないですね。
それが判っただけでも満足です。


今のナツコは、
体重が減り、下半身が激やせした為に歩くとよろけますが、目の光は強いです。
3日前に撮った写真です。

130915_2.jpg

ナツコにフードを見せると、それだけで強い吐き気を感じるらしく、
舌をぺろぺろと出します。

最近は私の顔を見ただけで、舌をぺろぺろ出すようになりました。 orz



いつもありがとうございます。
130915_bn.gif それなら美味しそうに見えたかも

[ 2013/09/15 18:03 ] | TB(0) | CM(18)

ドリフにおける研ナオコ的扱い

前回はたくさんの励ましのコメントを、ありがとうございました。
ナツコ、少しずつですが上昇中です↑↑↑
しつこい吐き気と、しつこいトイレ巡り→嘔吐も、だいぶ減りました。
フードだけは「断固拒否!」ですが(涙)

通院・投薬が頻繁になって、ナツコはこんな風になりました。


300-130916_1.jpg

300-130916_2.jpg

300-130916_3.jpg

300-130916_4.jpg


露骨ですよね~。
もうひとつあるんですよ。


300-130916_5.jpg

300-130916_6.jpg

300-130916_7.jpg

300-130916_8.jpg


酷いですよね~。
ナツコは目が大きい猫なので、びっくりまなこがデフォ。
明らかに、私を見ない努力をしています。


ナツコの抗がん剤治療は、COPと言って、3種類の抗がん剤を組み合わせて使用します。

C:サイクロフォスファミド(錠剤:3日に1回)
O:オンコビン(注射:2週間に1回)
P:プレドニゾロン(錠剤:1日1回)←ステロイド


副作用としては、それぞれ以下が懸念されるそうです。

C:骨髄抑制、出血性膀胱炎、嘔吐
O:骨髄抑制、肝障害、胃腸障害
P:肝障害、多飲他尿、皮膚被薄化


……恐ろしい。

オンコビンとプレドニゾロンの投与は7日から、
サイクロフォスファミドは11日から始めましたが、
この間は、もう神経がピリッピリでした。
強い副作用が出るのではないか、
より苦しめてしまうのではないか、と。

体が楽になることを期待しての抗がん剤治療です。
苦しい時間が長くなるだけなら、したくありません。
毎日、毎分、毎秒。
抗がん剤治療、安楽死、衰弱死について考え続けました。

ナツコは、7月から様子がおかしくなりました。
この時、発症したと考えられます。
病名が判るまでの2ヶ月、よく持ってくれたものだと思います。
ただ言い換えると、病名が判るまで、2ヶ月間もの遅れが出てしまいました。

今からの投与で、どれだけ取り返しがつくかは判りません。
悪性度の高いがんの場合、抗がん剤を使用しても、
残念ながら余命期間は半年程度だそうです。
(同じ病気で、何年も生きている例もあります)

でも私は、余命が見えているのなら治療しても意味がない、とは思いません。
痛みを軽減したり、体が楽な時間を作るのは、十分意味のあることだと思います。

今のところ、目に見えるような副作用は出ていません。
(14日から呼吸が少々速いのですが、原因は判っていません)
ずっと苦しめられていた症状が減り、しこり(腫瘍)も小さくなりました。
14日の血液検査では、懸念されていた骨髄抑制も起こっていませんでした。
血尿も出ていません。
全体的に良好です。

結果も嬉しいですが、なによりも嬉しいのは、
日に日にナツコが、元気になっていくことです。

自分からは何も食べず、私が押し込んでいるフードの量も少ないので、
どうしてかは判りませんが、元気で、ゴキゲン。よく歩きます。
行動も、以前と変わらなくなってきました。

ナツコに残された時間がどれだけか判りませんし、
そのことを考えると胸がきゅーっと痛みますが、
ナツコの生活の質を一番に考えて、
「ゴキゲンタイム」が続くようにしたいと思います。

長々と書いてすみません。
読んでくださった方、ありがとうございました。^^



130916_bn.gif これ、薬を押し込むでない! ウェットは嫌いじゃ!
いつもありがとうございます


[ 2013/09/17 19:57 ] | TB(0) | CM(23)

ナツコ頑張ってます。が。

抗がん剤を始めて、もうすぐ三週間になります。
抗がん剤は、良く効いてくれました。
目に見える副作用もなく、ナツコは日に日に元気を取り戻していきました。
18日からは、少量ですが、カリカリを自発的に食べてくれるようにもなりました。

もう少しで、ナツコは元通りになる。

そう思ったのですが、
21日の朝に腹痛(大腸炎)が起こり、
そこから徐々に下降していきました。

病院へ行くと、一時的には回復します。
体が楽になるらしく、ゴキゲンになり、フードも少しは食べます。
でも、数日後に腹痛が起こると、また調子が下降します。

腹痛 → 下降 → 病院 → 元気! → 腹痛 → 下降 ……

の繰り返しです。

23日の通院後、しつこい大腸炎は治まりを見せたのですが、
今度は鼻風邪をひいてしまい、治りません。
病院へ行きましたが、
こういう症状が起こるのは(この状態では)仕方ない、
というような話でした。


かなり厳しい状態だと思っています。

今までも何度か「危ない」と本気で思いましたが、
今回はいつになく、強く感じています。

7月に発病して、もう3ヶ月も過ぎようとしている今、
ナツコの体力も限界なのでしょう。

抗がん剤が効いて、腫瘍は触れないほど小さくなりました。
だから、ここを乗り切ればなんとかなる! という希望もあります。
「いやいや、なっちゃん、まだまだだから」と、
またもやナツコが奇跡を起こして、病魔を退けてくれることも期待しています。

でも、期待しながらも、
少しでも楽な時間を作ってあげたいと思います。


しかしナツコは、本当によく頑張ってくれていると思います。
みなさんから頂いた、応援・声援・元気玉が元気の源かもしれません。
栄養ドリンクのように、ちゅーと吸っている気がしています。^^


130926.jpg


いつもありがとうございます。




[ 2013/09/26 23:56 ] | TB(0) | CM(24)
プロフィール

touko

Author:touko
 
猫の下僕。

足拭きマット程度に大切に
予備のパンツくらい重宝に
扱われています。
 

猫紹介
naomi.jpg
◇ ナオミ 18歳 ◇
母大好き。
ウェット大好きおてんば娘

uchiko.jpg
◇ ウチコ 享年18歳11ヶ月 ◇
子猫の時から右目が悪い。
見事な洋ナシ体系。
チューが上手。
2015/3/3 旅立つ(腎不全)

natsu2.jpg
◇ ナツコ 享年18歳24日(位) ◇
お笑い担当。
病気ばかりしてくれる。
ぱんぱんの固太り。
2014/4/24 旅立つ
(消化管型リンパ腫)


◇ ミコ(左) 享年16歳8ヵ月 ◇
◇ ナタ(右) 享年15歳1ヵ月 ◇

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。